Graduation! 日本と米国の卒業式の対比(パート3)

私の高校の卒業式をあんまり覚えませんけど、階段を思い出します。セレスティの卒業式プログラムを読んだ時、生徒会の会長を全く忘れて、サルタトリアンが他の生徒だと思ってしまいました。市長が参加したこと、そして後ろに整列した人も覚えられません。 卒業式の数ヶ月前に、毎日大切にしました。理由は大学で3人の親友と一緒にいませんから。私は市内で一番いい大学に入学するために全額の奨学金を受けました。一番親しい友人、そして私の元彼はアイビーリーグのオーペンキャンパスに出席するために学校からよく休みました。一緒にいる時最高の喜びを感じて、空の席を見た時最低の寂しさを感じました。Fungus(ファンガス)が私の将来野大学から完全奨学金を提供しました。「一緒に入学しましょう」と言いたかったけど、Fungusの決定に邪魔したくありませんでした。そのことを残っている友人でも、伝えませんでした。MaIchi(一番目のママ)も遠い大学に入学 予定で、DaIchi(一番のパパ)という彼がフェデックスで働きながら、短期大学の授業を取る予定でした。 米国の卒業では、よく待ちました。静かに卒業式の始まりを待ちました。Fungusのヴァレディクトリアンスピーチを待ちました。Fungusが独裁者かドクター・フーのダーレクのように「僕たちは何々をしてはいけません。僕たちは何々をしてはいけません」と言いました。立つのをまって、校長先生が私の名前を呼ぶことを待って、終わりを待っていました。その後、3人の友達と会いましたけど一緒にマカロニグリルと言うレストランで食べられませんでした。 日本では、卒業前の数週間は静かで楽しいです。私とほとんどの先生方の授業が 少なくなりました。私の最初の卒業は春のように新しかったです。私は3年生を1学期だけ教えました。タクシードを着ている校長先生を見るのが素敵でした。3年生がが特に好きでしたから、2つ目の卒業式は梅雨らしかったです。卒業してから、とても悲しかったです。3つ目野卒業式は夏のようによかったです。一人女子高生が卒業式に出席しませんでした。彼女の自動車整備士仕事のオリエンテーションの日でしたから。4番目の時、泣き出しました。一年生からずっと教えました、最後の授業の終わり、私が英語で「待って!色々なことを教えたかったです」って、一人生徒が「ごめんね、時間がなくなりました!」去年の卒業式も必ず泣くと思いましたけど、7がいて、将来について考えたから、もう冬が来ました。 Advertisements

Graduation! 日本と米国の卒業式の対比(パート2)

卒業式の数日前、生徒が練習しますね。アメリカン生徒も練習します。卒業生の式服はローブです。一般的な色は黒ですけど、私の学校では上位10%成績を取った3年生のローブは白いです。先々週の白い靴は私の卒業式からです。10%の生徒がアルファベット順の代わりに成績として整列しました。先生方が「前の子と後ろの子を覚えてね!』とよく呼び出しました。椅子の列がありました。自分の席に座って、列に座っている生徒が一度に立って、ステージの右側階段まで歩きました。校長先生が3年生の名前で一人一人呼びました。時々ある生徒が名前を聞かなくて、やり直さなければなりません。何度もこんな風に練習しました。 Valedictorian(ヴァレディクトリアン)と言うのは一番高い成績を取った生徒です。 Salutatorian(サルタトリアン)と言うのは二番目の生徒です。 この二人が一人づつスピーチをします。 日本での高校も二人の生徒がスピーチを暗記します。一番目と二番目高い成績を取ったかどう分りませんけど、いつも授業中よく頑張って、部活に入った生徒です。時々私が英語で書いたところの正しさと発音をチェックします。一人が5分で話して、また別の生徒が5分で話します。2回か3回繰り返します。20分です。この二人が一緒に授業を取ったことがありませんけど、素敵なスピーチを作れます。 アメリカン生徒が家族と友達に渡す卒業式チケット5枚か8枚をもらいます。母が招待状を注文して、親戚に送りました。遠いから来ませんでしたお金をもらいました。ちょっとお年玉の習慣に似てると思います。父が亡くなりましたけど、母と、姉と、兄と、教会から3人が参加しました。男の人がスーツかズボンとカラーシャツを着て、女の子がサンドレスか綺麗なドレススーツを着ました。 日本では参加できる方の限定がなさそうですけど、家族だけが参加するみたいです。ビックリしたことは校長先生と事務長がタキシードを着ます!前のPTA会長が着物を着ましたけど、着物を着る女性のお客様が珍しいです。理由は外国人の生徒が一般的な高校より高いからでしょうね。 セレスティの卒業式プログラム(偶然で見つけました) 三年生の入り「ポンプ・アンド・サーカムスタンス」(高校のバンドがせ演奏されました) 忠誠の誓い 国歌 ウェルカム(生徒会の会長) 奨励の言葉(三年生の会長) サルタトリアンのスピーチ ヴァレディクトリアンのスピーチ リーダーシップ賞 奨学金と賞 ACT最高得点 スピーカーの紹介 市長のスピーチ 3年生にディプロマを渡し 卒業生のマーチ 今週はここまでです!どうでしたか。どうぞコメントください!^。^  

Graduation!日本と米国の卒業式の対比(パート1)

先週、英語で書きましたけど、日本人の友達、卒業おめでとう!Congrats(コングラツ)!「Congrats」は「Congratulations」(コングラチュレーションズ)の短縮形です。日本にたくさん学校の卒業式日は3月1日でしょうね。学期は3つで、高校3年生が1月中旬か下旬から卒業式日まであんまり出席しませんね。 アメリカにはほとんどの学校の卒業式は5月上旬か中旬の日曜日に起こります。高校は3年か4年です。そして、学校〜年生を数えることを繰り返しません。例えば、3年生は12年生です!「〜年生」はアメリカン英語で「grader」(グレーダー)です。学校の何年生としてニックネームもあります! 高校と大学の一年生から四年生のニックネーム 9th Grader = Freshman* 10th Grader = Sophomore 11th Grader = Junior 12th Grader = Senior *最近それぞれの大学が無性後のfirst year(ファーストイヤー)に代わりました。 私の高校は4年です。学年は8月から5月までで、6週間の6学期があります。ところで、私の高校が初めて制服を発案しましたけど、日本のような学校として特別な柄がありません。カトリック学校か私立がそういう制服があるかもしれませんが、珍しいだと思います。私の制服は白いか黒いカラーシャツと黒いかカーキ色ズボンと大手より短くないスカートです。もちろん女子生徒がズボンかスカートかどちらでも履いても大丈夫です。 12年生は4月中旬まで授業があります。Senior Week(シニアウイーク)と言う月曜日から金曜日までの祝いがあります。学費を使って、毎日制服を着ずにそれぞれの楽しい活動をします。皆が黄色いバスを乗ったり、大きい教会の芝でピクニックをしたり、Lock-inで友達とツィスターなどをしたりしました。Lock-in(ロックイン)は大きなグループのパジャマパーティーです。お菓子を食べながら、友達とゲームをします!最も所期のイベントはProm(プロム)です!成人の通過儀礼のPromenade(プロムナード)からです。もしよかったら、いつか別のPromについてブロッグポストを書きます。来週英語でパート2を書き、再来週日本語でパート2を書く予定です!^。^新しい単語を習いましたか。どうぞコメントくださいね!