Graduation! 日本と米国の卒業式の対比(パート3)

私の高校の卒業式をあんまり覚えませんけど、階段を思い出します。セレスティの卒業式プログラムを読んだ時、生徒会の会長を全く忘れて、サルタトリアンが他の生徒だと思ってしまいました。市長が参加したこと、そして後ろに整列した人も覚えられません。

卒業式の数ヶ月前に、毎日大切にしました。理由は大学で3人の親友と一緒にいませんから。私は市内で一番いい大学に入学するために全額の奨学金を受けました。一番親しい友人、そして私の元彼はアイビーリーグのオーペンキャンパスに出席するために学校からよく休みました。一緒にいる時最高の喜びを感じて、空の席を見た時最低の寂しさを感じました。Fungus(ファンガス)が私の将来野大学から完全奨学金を提供しました。「一緒に入学しましょう」と言いたかったけど、Fungusの決定に邪魔したくありませんでした。そのことを残っている友人でも、伝えませんでした。MaIchi(一番目のママ)も遠い大学に入学 予定で、DaIchi(一番のパパ)という彼がフェデックスで働きながら、短期大学の授業を取る予定でした。

米国の卒業では、よく待ちました。静かに卒業式の始まりを待ちました。Fungusのヴァレディクトリアンスピーチを待ちました。Fungusが独裁者かドクター・フーのダーレクのように「僕たちは何々をしてはいけません。僕たちは何々をしてはいけません」と言いました。立つのをまって、校長先生が私の名前を呼ぶことを待って、終わりを待っていました。その後、3人の友達と会いましたけど一緒にマカロニグリルと言うレストランで食べられませんでした。

日本では、卒業前の数週間は静かで楽しいです。私とほとんどの先生方の授業が 少なくなりました。私の最初の卒業は春のように新しかったです。私は3年生を1学期だけ教えました。タクシードを着ている校長先生を見るのが素敵でした。3年生がが特に好きでしたから、2つ目の卒業式は梅雨らしかったです。卒業してから、とても悲しかったです。3つ目野卒業式は夏のようによかったです。一人女子高生が卒業式に出席しませんでした。彼女の自動車整備士仕事のオリエンテーションの日でしたから。4番目の時、泣き出しました。一年生からずっと教えました、最後の授業の終わり、私が英語で「待って!色々なことを教えたかったです」って、一人生徒が「ごめんね、時間がなくなりました!」去年の卒業式も必ず泣くと思いましたけど、7がいて、将来について考えたから、もう冬が来ました。

Advertisements

Leave a Reply

Fill in your details below or click an icon to log in:

WordPress.com Logo

You are commenting using your WordPress.com account. Log Out / Change )

Twitter picture

You are commenting using your Twitter account. Log Out / Change )

Facebook photo

You are commenting using your Facebook account. Log Out / Change )

Google+ photo

You are commenting using your Google+ account. Log Out / Change )

Connecting to %s