Graduation! 日本と米国の卒業式の対比(パート2)

卒業式の数日前、生徒が練習しますね。アメリカン生徒も練習します。卒業生の式服はローブです。一般的な色は黒ですけど、私の学校では上位10%成績を取った3年生のローブは白いです。先々週の白い靴は私の卒業式からです。10%の生徒がアルファベット順の代わりに成績として整列しました。先生方が「前の子と後ろの子を覚えてね!』とよく呼び出しました。椅子の列がありました。自分の席に座って、列に座っている生徒が一度に立って、ステージの右側階段まで歩きました。校長先生が3年生の名前で一人一人呼びました。時々ある生徒が名前を聞かなくて、やり直さなければなりません。何度もこんな風に練習しました。

Valedictorian(ヴァレディクトリアン)と言うのは一番高い成績を取った生徒です。
Salutatorian(サルタトリアン)と言うのは二番目の生徒です。
この二人が一人づつスピーチをします。

日本での高校も二人の生徒がスピーチを暗記します。一番目と二番目高い成績を取ったかどう分りませんけど、いつも授業中よく頑張って、部活に入った生徒です。時々私が英語で書いたところの正しさと発音をチェックします。一人が5分で話して、また別の生徒が5分で話します。2回か3回繰り返します。20分です。この二人が一緒に授業を取ったことがありませんけど、素敵なスピーチを作れます。

アメリカン生徒が家族と友達に渡す卒業式チケット5枚か8枚をもらいます。母が招待状を注文して、親戚に送りました。遠いから来ませんでしたお金をもらいました。ちょっとお年玉の習慣に似てると思います。父が亡くなりましたけど、母と、姉と、兄と、教会から3人が参加しました。男の人がスーツかズボンとカラーシャツを着て、女の子がサンドレスか綺麗なドレススーツを着ました。

日本では参加できる方の限定がなさそうですけど、家族だけが参加するみたいです。ビックリしたことは校長先生と事務長がタキシードを着ます!前のPTA会長が着物を着ましたけど、着物を着る女性のお客様が珍しいです。理由は外国人の生徒が一般的な高校より高いからでしょうね。

セレスティの卒業式プログラム(偶然で見つけました)
三年生の入り「ポンプ・アンド・サーカムスタンス」(高校のバンドがせ演奏されました)
忠誠の誓い
国歌
ウェルカム(生徒会の会長)
奨励の言葉(三年生の会長)
サルタトリアンのスピーチ
ヴァレディクトリアンのスピーチ
リーダーシップ賞
奨学金と賞
ACT最高得点
スピーカーの紹介
市長のスピーチ
3年生にディプロマを渡し
卒業生のマーチ

今週はここまでです!どうでしたか。どうぞコメントください!^。^

 

Advertisements

Leave a Reply

Fill in your details below or click an icon to log in:

WordPress.com Logo

You are commenting using your WordPress.com account. Log Out / Change )

Twitter picture

You are commenting using your Twitter account. Log Out / Change )

Facebook photo

You are commenting using your Facebook account. Log Out / Change )

Google+ photo

You are commenting using your Google+ account. Log Out / Change )

Connecting to %s